インフルエンザに注意!!!


こんにちは! 理学療法士の望月です。 着々とお正月に近づいていますが体調等はお変わりないでしょうか?
今回は、今流行しているインフルエンザについて語っていこうと思います。
皆さま、インフルエンザの予防注射はもうお済になられましたか?




もし予防注射をされて安心しているあなた!!! 注意が必要ですよ!




よく予防接種をしたのにも関わらずインフルエンザに感染してしまった、という方は多いと思います。
それはインフルエンザウイルスが毎年、変異しやすい事に関係しています。
予防接種のワクチンと流行するウイルスは100%一致しないので、感染を完璧には予防できないのです!





そもそも、インフルエンザウイルスはどのように感染してしまうのでしょうか?

感染経路は3つあり、1つは飛沫感染です。感染した人がくしゃみをすることでウイルスを含む飛沫が飛散し、これを健康な人が鼻や口から吸いこみ、粘膜に接触することで感染してしまいます。
2つ目は接触感染。皮膚と粘膜の直接的な接触、あるいはタオルやドアノブ等の中間物を介する間接的な接触によっても感染します。
3つ目は空気感染といって、飛沫の水分が蒸発して乾燥し、空気中を漂い、離れた場所にいる人がこれを吸い込むことによって感染する事であります。

特に感染しやすい方は、65歳以上の高齢者に多いようです。昨シーズンは重症化により入院した人が例年より増加し、その大半を占めたのが60歳以上の方々だったようです。
ご高齢の方は、基本的に若い方よりも免疫力が弱く、インフルエンザによって免疫力がさらに低下することで、他の細菌による肺炎などの二次感染を引き起こしやすいです。結果として命の危機につながるため、しっかりとした予防が必要になってきますね。

その予防策で重要なのが「手洗い・うがい・マスク」です!!!










………皆さん、今、そんなん知っとるわい!!!と思いましたか?


そーです!皆さんが知ってるこの方法!…ですが、本当にちゃんとした方法で行えていますか?
知ってる!という方もおられると思いますが、見落としがちな所を確認としておさらいしていきたいと思います。

まず、手荒いですが、ウイルスがたまりやすい場所は特に爪の間、水かきのところ、さらに手首のところまで洗うのが重要だそうです。
マスクはいろんな種類のものが販売されていますが、どのマスクも自分の鼻の高さに合わせ顎まで覆うように装着しないとしっかりと菌の侵入を防ぐことが難しいようです。
そして一番重要なのが外す時です。外す時にマスクの表の部分を触ってしまうと菌が手についてしまい、そこから感染する可能性がありせっかくの予防が無駄になってしまいます。なのでマスクを外す際は耳のゴムひもからとってもらい、表面に触らないようにしましょう。さらにそのままそのマスクをゴミ箱へ捨ててしまうと他の人に感染してしまう可能性があるため、マスクの端を持ち、表面部分を覆うように折りたたんでゴムひもで縛ってから捨てるととてもGoodです!



いかがだったでしょうか?
知ってる方も知らなかった人もこれを機会に手洗い・うがい・マスクをも一度意識して行うようにしていきましょう。
そのことが自分自身の予防とその周りの人たちの予防にも繋がっていくと思います。
僕も今からおうちに帰ってさっそく手洗い・うがいをします! さようなら~~~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント